第19回日本スポーツグランプリの受賞者に道内最高齢選手として、今なお継続的に活動している伊賀猛(88歳)氏が選ばれました!

(公財)日本スポーツ協会が長年スポーツに取り組むスポーツ選手を称える日本スポーツグランプリ(今年の受賞者は10名)に北海道関係では、道内最高齢選手として継続的に活動し、昨年の全国健康福祉祭(ねんりんピック)にも選抜チームの一員として参加した伊賀猛氏が見事受賞されました。

詳しくはこちら⬇